ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)では、ペットに関する情報が頻繁にやり取りされていますから、家族に動物がいない世帯でも動物との生活がなんとなく想像できます。かなりの普及率でSNSにアクセスできるとは言っても、SNSを利用していない人は常に蚊帳の外という事になります。

そうした人でもペット保険会社経由で多種多様なペットの健康に関する情報を得る事ができます。たとえば犬猫共通の動作として壁や柱に頭を頻繁にこすりつけているシーンをみかける事はないでしょうか。遊んでいるようにも見えますが、実は脳内に重篤な損傷を引き起こしている場合もあるのです。よく見かけるシーンとしてこんなのもあります。

成犬がしっぽを追いかけるようにぐるぐるとフル回転で回っているのをみかけますが、これも情緒不安定もしくは何らかの原因で強いストレスを受けているかもしれません。猫の場合なら異物誤飲というのもあります。これらはすべて緊急に医師の診断を受けさせる必要があり、放置しておくと取り返しのつかない結果をまねきかねません。

予備知識を最低限は身につけておかなければ“おもしろい珍場面”や“遊んでいる”ですまされてしまいがちな光景です。ペットたちはしんどさをしぐさで必死に飼い主に訴えているのですから、少しでも異変を感じたら医師に相談してください。

ペットを飼うと言う事はかわいいだけというだけでは済まされない事が多々出てきます。病気ももちろんそうですし種類によるストレスの感じ方や性質および個々の性格は多種多様です。特に犬の場合よく問題になるのはムダぼえや人に怪我をさせる事もある事、上下関係が明確である事やいたずらなどですが、とにかく生きている限り何が起きるかわかりませんし、人間より早く加齢しますから“虹の橋を渡る日”はすぐに訪れます。

殺傷処分を待つ保健所の動物たちの中にはなぜ捨てられたのか理解に苦しむほど良い子もたくさんいるのです。まず終生飼い続ける事ができるかを飼う前に考えるべきですし、飼ったなら最後まで寄り添い続けるのが飼い主の義務であり責任でもあります。動物は人間のように口がきけませんから人間が、ペットの言いたい事をきちんと聞き取る事が重要です。

近年は空前のペットブームとあって犬・猫を飼われる方が増えています。犬も猫もそれぞれの種類によてって特有の性質があり、かかりやすい病気などがあります。万が一のケースにも柔軟に対応できるように、ペット保険には加入しておきたいものです。

リンク…https://pet-hoken.wanchan.jp/
ペット保険を一括比較する事が出来るサイトです。

今回のテーマは“ペット保険のペット健康相談”です。ほとんどのペット保険では飼い主とペットのための健康およびしつけ相談サービスを常設しています。ネットからの24時間体制もしくはテレビ電話での対応など形は様々ですが、手持ちのモバイル端末からすぐに獣医師と接続できるというのは、なんとも頼もしい限りです。

動物は人間のように口がきけないですから人間の方が、異変にいち早く気がついて対応しなければならないのは当然です。人間と違って動物は何倍も年を取りますから油断をしているとあっという間に悪化してしまう場合もあります。しかしながら動物たちの習性を理解出来ていないと異変に気づかないかもしれません。動物は必死に訴えている辛さをわかってもらえなければストレスともなるでしょうし、それは飼い主にとってもペットにとっても不幸です。

また間違ったしつけをし続けた結果、ペットは最低限度の社会性を身につける事ができずに、仲間の間でさえ孤立してしまう可能性もあるのです。飼い主とペットが良い関係をつなぎ幸せな生涯を送るためにも、保険会社で提供している健康相談は積極的に活用していきましょう。保険会社経由で、今現在近所で実施されているしつけ教室情報を得る事もできますし、ペット専用の健康保険証というものもあって、医療以外の特典がつく場合もありますから“大事な家族をつれて保養のためのお泊まり”なんて楽しいプランを立ててみるのはいかがでしょうか。万が一の迷子相談にも応じてくれるサービスもあります。